カートを見る

ワンコとフードにまつわるまめ知識

栄養基準

■栄養基準■

犬の栄養に関心のある方なら、リノール酸やオメガ6脂肪酸というのは聞いたことがあるかもしれません。 皮膚や被毛に良いとされる栄養素です。 ただそれだけを鵜呑みにすると、愛犬が生活習慣病などの病気になる危険性を高めたり、 悪い影響が出る可能性があります。

■栄養基準の落とし穴■

犬の栄養学や栄養基準では、犬の必要栄養要求量は、脂肪酸では、リノール酸(オメガ6)のみとなっています。
そのせいか、犬に必要な必須脂肪酸はリノール酸だけ→それが体内でオメガ3に変る→オメガ3は犬には必須脂肪酸ではないんだ・・・・という誤解もあるようです。

哺乳動物では、オメガ6とオメガ3の脂肪酸を相互に置き換えることができませんので、オメガ6が途中でオメガ3に変ることはありません。
栄養学では、どちらか一方だけが必須脂肪酸ということはありません。

ヒトや哺乳動物の研究から、オメガ6と3が必須脂肪酸だと言われているのに、犬に限って必須ではないとか、必要ないというのはおかしな話です。

その原因は、やはりリノール酸だけを要求量としている古い栄養基準にあるようです。
リノール酸だけでなく、犬にもα-リノレン酸(オメガ3)は必須脂肪酸です。
栄養基準を満たしていれば、リノール酸(オメガ6)は満たしていますが、オメガ3脂肪酸は要求量にないので、メーカーによってバラバラです。入っていないもの結構あります。

それに、リノール酸は基準より多く入っていることが多いという報告もありますし、摂りすぎが生活習慣病やアレルギー症状が増えてきている原因の一つと指摘されています。

■オメガ6とオメガ3のバランスが大切な理由■

よく、オメガ6とオメガ3を5:1〜10:1の割合で摂るのがいいと言われていますが、 実はこれ、人の栄養学で言われていることなんです。
犬にとって最適なオメガ脂肪酸の黄金比率のようなものはわかっていません。

ですが、ここでわかることは、いずれにしても大事なのはバランスだということです。
そして、その背景にはオメガ6が過剰になりやすく、オメガ3は摂る機会が少ない、ということがあります。

またバランスが大事なのは、オメガ6とオメガ3が体内で代謝される仕組みとも関係があります。

これら両方の脂肪酸の代謝には同じ酵素が利用されています。そのため、両者の間で同じ酵素を奪い合うのです。
どちらかの脂肪酸が多いともう一方の脂肪酸の代謝に影響し、その効果を妨げてしまいます。

■オメガ6とオメガ3のバランスを改善する方法■

ドッグーフードの多くはオメガ3脂肪酸がほとんど含まれていません。そして、オメガ6が過剰になりやすいです。
犬についてどれだけの量を与えればいいのかは、栄養基準にもありませんが、
犬の栄養学も、もともと人の栄養学を参考にしているところがあるので、そこで言われていることを応用するのがいいかもしれません。

栄養学では、オメガ6脂肪酸の摂取を減らし、オメガ3脂肪酸の摂取を増やすことが健康維持に重要とされています。これは、過剰な悪玉エイコサノイドの有害性を減らすのに必要だからです。
具体的には、

1.リノール酸を多く含む植物油を摂る量を減らす
2.α-リノレン酸とともに、EPAとDHAを増やすこと

栄養学ではこれが健康増進に必要といわれています。

このうち、1番目はちょっと難しいかもしれません。というのは、犬の場合、与えられる食べ物はドッグフードがメインです。私たちのように簡単に減らすことは出来ません。ドッグフードを変えるにしても、原材料は参考になりますが、どれだけオメガ6脂肪酸が含まれているのかはわかりません。
簡単にできるのは、油の少ないおやつで調整することです。このおやつにオメガ3脂肪酸を多く含んでいれば、おやつをあげられるし健康にもよいので、最適です。
他にも、例えば、チーズは植物油ではないですが、普通のチーズは脂肪と塩分が高いので、脂肪と塩分の少ないカッテージチーズにしたり、脂肪と塩分の少ないわかさぎ(湖の魚)などがあります。

2番目ですが、α-リノレン酸やEPA,DHAは、フードに含まれていないあるいは足りないので、他のもので補う必要があります。これにはサプリメントが最適です。
脂肪酸を効率よく摂ることができるオイル状のものがいいです。ただ、オメガ3脂肪酸は熱に弱く、酸化や変性してしまうので、製造過程や酸化防止がされているかは大事なポイントです。それから、良かれと思っても大量にあげれば、カロリーが高くなり太ってしまうので注意しましょう。

α-リノレン酸を多く含む食品としては、亜麻仁が有名で、亜麻仁油はオススメです。少量ですがビタミンEも含まれています。当店ではオメガニュートリジョンの亜麻仁オイルを取り扱っています。

自家栽培の亜麻仁を使い、「有機」と表示が認められた品質の高い安全な油です。犬用ではなく人用ですので、飼い主さんが一緒に摂ることもできます。アトピー性皮膚炎やアレルギーの方にも人気の油です。

与え方は、1日小さじ(ティースプーン)1杯をフードにかけてあげます。
開封後は6週間以内に使い切るようにします。1匹ならボトル1本も使い切れないので、ドレッシングにして一緒に食べると健康になれるし、無駄がありません。市販のノンオイルドレッシングと一緒にかけて使うと楽です。

EPAとDHAですが、これは魚油に含まれています。やはりこれも熱に弱く、精製されていたりするとよくありません。サーモンオイルのワイルドアラスカンサーモンオイルが良いです。もちろん当店取扱品です(^^¥
少量ずつ出せる使いやすいボトルです。

EPAはα-リノレン酸を摂れば体内で作ることができますが、炎症を抑えるエイコサノイドに変換される物質です。そのため、直接摂ることで、かゆがったりするなどアレルギー症状の改善にいいです。

長々と説明しましたが、つまりは
バランスを改善して、脂肪酸を上手にあげるには、リノール酸を多く含む植物油を摂る量を減らす、α-リノレン酸とともに、EPAとDHAを増やすこと、これが鍵です。